このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年中途入社

荒井聡

東京事務所/コンサルタント
1994/5 群馬県前橋市出身
2016  公認会計士試験合格
2017  一橋大学商学部経営学科卒業
     新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)
     金融部にて会計監査・内部統制監査業務に従事
2021  株式会社わかば経営会計入社
東京事務所/コンサルタント/荒井聡

入社の動機、経緯

大学卒業後、監査法人で大企業に向けて監査業務を行いましたが、中小企業の経営のサポートに携わりたい気持ちがあり、転職を決意しました。親族が群馬県前橋市で個人事業を営んでおり、小さいことから中小企業の経営に興味があったことも影響していたと思います。
中小企業の支援という視点に立った際、一つの業務に特化するのではなく、企業再生、成長支援、税務顧問等、様々な業務を経験できる、わかばのスタイルがとても魅力的に感じました。また、面接時メンバーと話す中で、気さくで思いやりに溢れた人達ばかりで自分がわかばに入って仕事をするイメージが描きやすかったことも決め手になりました。
現在入社して約10ヶ月が経ちますが、希望した通り、多様な業務を経験できています。メンバーも面接時そのままの雰囲気で、当時イメージしていた姿そのままに働けております!

現在の仕事内容、働き方

現在の仕事内容は企業再生が7割程度で、残りが補助金申請等の成長支援業務や税務業務です。入社して9ヶ月間で、再生業務を複数社経験しましたが、いずれも業種や会社の規模がそれぞれ全く異なるため、業務に慣れたという感覚は一切なく、刺激的な日々を送っています。タイミングによっては、業務が集中して忙しくなることもありますが、山場を越えると落ち着くため、仕事のメリハリはしっかりあるなと感じています。
また、先日子供が生まれ、1月末には育児休暇を取得しました。育児休暇は会社内で推奨されており、ストレスなく取ることができました(むしろもっと長く取れば良いのにと言われたほどです笑)。今までは比較的夜型で仕事を行っていましたが、今後は子供に合わせて徐々に朝方に切り替えていくつもりです。会社がフレックス制度を取っているため、ライフスタイルに応じて働き方を変えることができるのは良い点だと思います。

仕事のやりがいと将来的なビジョン

入社後すぐに、「事業再構築補助金」という新たな制度が開始され、その支援業務を担当することになりました。新制度ということもあり事務所内で前例がないため、中心となって業務を行いました。新人の身でありながら、「補助金に関しては荒井に聞いてみよう」と頼ってもらえ、とてもやりがいを感じました。また、最近になって一人で完結する業務を任せてもらえるようになり、入社1年が経過していない私にもチャレンジさせてもらえる環境はありがたく、身の引き締まる思いです。
将来的には地元の群馬県での仕事も行いたい気持ちがあります。自ら群馬での案件を受注し、生まれ育った地元の企業に貢献できるようになれるような存在になりたいなと考えています。

入社を検討する方へのメッセージ

タイミングによっては忙しいこともありますが、常に楽しみながら仕事ができております。中小企業様の経営のサポートというやりがいのある仕事であること、自分の希望する業務を行えていること等、業務内容の面白さが理由であることももちろんなのですが、「一緒に働いているメンバーが良いこと」これが一番の理由だと考えています。「良い」というのは、業務をこなすスキルや経験が備わっているというだけでなく、明るく前向きで一緒に働いていて気持ち良いという意味を含んでいます。
経験したい業務や将来のビジョンがあり、我々と一緒に前向きに仕事をしたいという気持ちがあれば、わかばの環境はうってつけだと思います。私自身も新しいメンバーが入り、新たな風が吹き込まれることでより楽しく仕事ができると考えていますので、是非ご一緒にお仕事できる日を楽しみにしております。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

公認会計士に関連する求人票を見る